お幸せに

諦めの秘訣。
それは相手の幸せを心から願えた日、だ。
どこか空の下、幸せに暮らして欲しい、自分抜きで。

そのように真摯に願えた日、ようやく男への未練が断ち切れる。
ムードを味わうべく、私は江の島の海岸に来ていた。
冬の砂浜は寒い。
極寒だ。
そんな中でも恋人たちは波打ち際で悲鳴をあげたり、楽しそう。
私はツイードのコートの襟を立て、おとなの女性を気取る。
誰も見てないが。
これでいい。
全ては未来への贈り物。
そっと宝の小箱にしまって、年老いた日に愛おしげに眺める宝石のようなもの。
どうしてある日突然こんな気分になれたのか?。
書店でずいぶんと立ち読みもした。
「男を忘れる方法」だの「永遠の人に振り向いてもらう秘密」だの、「愛される女性とは?」とか。
愛される!私はこの「愛される」というキーワードってか装飾語が大嫌い。
怖気をふるうぐらい。
愛されメークだの、愛されワンピだの。
どうしてこんなに男に媚びる必要が?。
依存心を捨て勤勉に生きなさい、大志を抱きなさい、主体的に生きなさいと、学校では男女平等に教え諭されたあげく社会に出るや、「愛され術」のご登場とは?矛盾や。
しかし厳冬の江の島には、ツイードでは薄すぎた。
やはり厚手のダウンを着てくるべきだった。
私が悪かったのだ。
彼の口が悪い、辛辣だなどとよくまあ言えたものだ。
そうして彼の周りにいた女子たちに嫉妬してし、軽蔑もしていた。
でも、その資格が私にあっただろうか?。

«
»