動画

スローな下男

私はお城の地下室辺りに辿り着いた。
中の一室を恐々と覗き込む。
すると高価なベルベットを惜しげなく使ったガウンを羽織った中年の女が、ぐつぐつ何かを煮込んでいた。
ちょうどお腹がすいてきた。そういえば、私だってれっきとした姫だ。

“スローな下男” の詳細は »

聖母マリアの憂鬱

おかしい。
彼は絶対に私を好きなはず。
それどころか狂おしい愛すら抱いているとみた。
この私の目に狂いはない。
自分史の精度の高い統計にも、彼は見事に合致した。
体育会系、知的、真面目、誠実、清潔感溢れ、それにちょっとシャイで年長者からの受けがいい。

“聖母マリアの憂鬱” の詳細は »